« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月24日 (月)

普通墓地0.9㎡墓地

平塚霊園「那由佗の郷」にできた0.9㎡の普通墓地の墓石が完成しました。
間口1m、奥行き90cmの大きさになります。
Simg_5641
芝生墓地などとな異なり、塔婆立も設置できます。
また、カロートも広く、多くの御遺骨を納めることも可能です。
 
写真は洋型墓石ですが、昔ながらの和型墓石も可能となっています。
 

2017年4月15日 (土)

庵治石

関東地方では、あまり知られていないですが、日本一高級な石が庵治石です。
香川県の庵治で採掘される石で、墓石として製材できる量が少ないため、大変希少価値があります。
斑(ふ)が浮くという独特の現象に最大の特徴があります。
Simg_3783

2017年4月14日 (金)

本小松石

本小松石は、神奈川県の真鶴でのみ採れる大変希少な石です。
緑がかった灰色が美しい高級石ですが、模様や色合わせが難しくという難点があります。
年数が経つにつれ、その色合いや模様が変容するところに味わいがあります。
Simg_4940
Simg_5265

2017年4月12日 (水)

土屋霊園の桜 満開

土屋霊園の桜が満開です。
Simg_5591
Simg_5596

2017年4月10日 (月)

平塚霊園の桜

平塚霊園「那由佗の郷」の桜です。
Sp1020369_2
満開までは、もう少し。
Sp1020374

2017年4月 9日 (日)

灌仏会

昨日4月8日は、お釈迦様の生まれた日。
この日は、仏教行事では灌仏会と言われ、一般的には、花祭りなどとも言われています。
平塚市内の寺院でも、灌仏会の行事と合わせて、催し物を行うなど、地域とお寺の連携を広められているところもあるようです。
 

2017年4月 7日 (金)

土屋霊園の桜 一部満開

各地で開花宣言が出される中、土屋霊園の桜も東塋地の桜は、満開です。
Simg_5571
Simg_5568
霊園に入った管理事務所の桜は、まだまだ満開まではこれからといった感じです。
Simg_5566

2017年4月 6日 (木)

人気のあるお墓に彫刻文字

お墓に彫る文字で最も多いのが「和」という文字です。
日本らしい言葉でもある「和」。
平和、家族の和、和やかなどなど、それぞれ意味はあるのかもしれませんが、霊園などのお墓を見ると「和」という言葉を多く目にします。
Simg_3465
Simg_3651
Simg_3856

2017年4月 5日 (水)

改葬

お墓のお引越しをする際に必要なのが、改葬許可書です。
現在のお墓がる市町村役場で発行してもらいます。
改葬許可書は、戸籍に関する部署で取ることができます。
注意が必要なのが、改葬する仏様1つにつき、改葬許可書が1通必要になります。
改葬する移転場所や改葬理由などを明記し、現在のお墓の管理者、お寺様や霊園管理事務所に証明印をもらい、市町村役場へ申請することになります。
 

2017年4月 4日 (火)

土屋霊園の桜

今朝の土屋霊園の桜の写真です。
Simg_5551
満開とはいきませんが、綺麗に咲いています。
今日の暖かさだと、一気に咲くかもしれませんね。
でも、まだちょっとしか咲いていない桜の木もありますので、まだまだ土屋霊園の桜は楽しめそうです。
 
Simg_5554

2017年4月 3日 (月)

桜のイラスト

各地で桜が咲きはじめてきましたが、お墓に花のイラストを彫刻することが最近は多くなりました。
その中でも、最も多く彫刻されているのが、桜のイラストではないでしょうか。
Simg_3080
写真のように、桜御影石に桜のイラストを彫刻すると、大変に華やかになります。
故人の方も、お参りに来る方も、なんだか嬉しくなるのでは?

2017年4月 2日 (日)

丘カロート

お墓で、御遺骨を納める納骨室をカロートと言います。
多くの方は、カロートは地面より下の地下にあり、水が溜まってしまっているようなイメージを持たれるようですが、カロートの下には土の部分があり、水が抜けるようになっています。
また、写真のような丘カロートでは、地面より上にカロートがあるので、水が溜まる心配がありません。
Simg_4245
墓地の広さや、また墓地の規定で、カロートのタイプも様々に変容できます。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »