« 土屋霊園臨時バス停 | トップページ | 土屋霊園の募集がはじまりました。 »

2014年3月18日 (火)

彼岸の入り

3月20日春分の日を中心に、前後3日の計7日間を春の彼岸と言い、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられています。

「彼岸」は、サンスクリット語の「波羅密多」からきたものと言われています。

私たちが生きている煩悩と迷いの世界である「此岸」(しがん)にある者が、「六波羅蜜」の修行をする事で「悟りの世界」すなわち「彼岸」(ひがん)の境地へ到達することが出来るというものです。

悟りの世界である彼岸を、死後の安らかな世界である浄土と捉えるようになり、現在のように亡くなったご先祖様に想いを馳せる「お彼岸」が定着していったようです。

« 土屋霊園臨時バス停 | トップページ | 土屋霊園の募集がはじまりました。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸の入り:

« 土屋霊園臨時バス停 | トップページ | 土屋霊園の募集がはじまりました。 »